deha magazine / スマホアプリ開発 / Firebaseとは?出来ることと活用メリットをご紹介

Firebaseとは?出来ることと活用メリットをご紹介

2021/12/09

Firebaseはスマホアプリ開発やWebアプリ開発などのバックエンドのサービスを構築できるプラットフォームです。

無料で利用できるのもかかわらず様々な機能を利用することができます。

今回はそんなFirebaseについて紹介していきます。

  • Firebaseが気になる方
  • スマホアプリ開発を行いたい方
  • 社内のIT人材が不足している方

これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めばFirebaseの機能や、活用するメリットなどが丸わかりですよ。

Firebaseとは?

FirebaseとはGoogleが提供しているモバイル、Webアプリケーション向けのプラットフォームのことを指します。

開発者はアプリケーションの開発に専念でき、バックエンドで動くサービスを作成する必要も管理する必要もありません。

大規模なアプリケーションも構築することができ、様々な機能を活用することも可能です。

料金プランは2種類あります。Sparkプランでは無料で利用することが可能です。機能によっては制約があるものもあるので、注意が必要です。

Blazeプランは従量課金制のプランです。認証回数やデータの取得回数によって課金がなされます。

Googleが提供している大規模アプリの料金計算シミュレーターがあるので、どれくらいかかるのかを事前に調べておくことをおすすめします。

Firebaseでできること

Firebase Analytics

Firebase AnalyticsはGoogle Analyticsの機能が利用できる分析ツールです。

ユーザーの行動はもちろん、広告の効果や課金状況、個別のイベントなどを分析し、レポートを発行することができます。

Firebase Cloud MessagingやFirebase Crashlyticsと連携して利用することも可能ですよ。さらにFirebase SDKを追加すると、自動でデータの収集も行えるので、導入にあたり設定を行う必要もありません。

Firebase Hosting

スタティックなWebページを公開することができます。HTML、CSS、JavaScript を使う程度のWebサイトであれば、サーバーを用意しなくても簡単に公開することが可能です。

アプリ内に作るほどではないページなどをWebページとして高速で配信することができますよ。

Firebase Cloud Messaging

プラットフォーム間で動いているアプリケーションに対して無料でメッセージを送る機能です。

iOS や Android など異なるデバイス間でも送受信ができ、セグメントごとにメッセージを送信することも可能です。送信したメッセージはダッシュボード上でモニタリングすることもできますよ。

Cloud Functions for Firebase

写真や動画などを保存します。保存先はCloud Firestoreで、Firebase と Google Cloud 両方からアクセスが可能です。

Firebase Authentication

認証システムをアプリに組み込むことができる機能です。

メールアドレスやパスワード、電話番号や各種SNSの認証情報を活用して、ユーザーのID発行などを実装することができます。

認証システムはアプリ開発においてニーズがある機能ですが、認証方法を増やすことでコストや手間がかかります。しかし、Firebase Authenticationならコストや手間を抑えて安全にユーザー認証のUIを実装することができるのです。

Cloud Storage for Firebase

ユーザーがアップロードした画像や動画などを共有、アプリに組み込むことができる機能です。

データはGoogle Cloud Storageパケットに格納されるため、サーバーからアクセス可能です。

Firebaseを活用するメリット

1つのプラットフォームで管理が可能

機能の全てをFirebaseで動作させることができます。

機能を集約させることで管理がしやすくスムーズなアプリケーション構築を実現することができるのです。

さらに、全ての機能がGoogle製ということもあり、プラットフォーム上で干渉しあう心配もありません。

機能が充実している

先ほど紹介したように機能が充実しているのがFirebaseの特徴です。

先ほど紹介した機能以外にも、機能学習のための機能やテストを効率化させる機能、トラブルシューティングの時間を短縮させる機能など充実の機能が揃っています。それらを組み合わせることで柔軟なアプリ開発が実現できますよ。

データの同期が簡単

データベースであるFirestoreはモバイル間でデータの同期を行うことができます。

具体的には、アプリケーションでデータベースのローカルコピーを保持し、そこで書き込みを行います。

ローカルコピーに対する変更がリアルタイムにサーバー上のデータベースと同期されるので、インターネットの接続が不安だったとしてもアプリケーションの速度に影響が出ないのです。

またオフライン時でもローカルコピーをそのまま閲覧することができ、そのタイミングで処理した場合も、サーバーと接続した時点で同期がされるのでネット環境に影響される心配がありません。

Vue.JS、Nuxt.JS、Reactなどのフレームワークと相性が良い

Vue.JS、Nuxt.JS、Reactなどのフレームワークと相性がよく、SDKを利用してスムーズに導入することができます。

Webアプリケーションだけでなく、他にもFlutterなどのモバイルフレームワークとも相性が良いので、簡単に導入が可能ですよ。

合わせて読みたい>>Flutter(フラッター)とは?特徴とメリットを解説【アプリ開発】

まとめ

いかがでしたか。本日はGoogleのモバイルプラットフォームFirebaseについて紹介していきました。

無料で利用できるのにもかかわらず、バックエンドの様々な機能を利用することができました。

本日紹介した機能以外にも様々な機能があり、それらを組み合わせることで柔軟な開発が実現できます。ぜひFirebaseを活用してスマホアプリを開発してみてはいかがでしょうか。

dehaでは、5年ほど前から、ベトナムオフショア開発を行っています。

Firebaseについてもっと知りたい方や、ベトナムオフショアについて知りたい方、スマホアプリ開発を委託したい方などはぜひお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

見積もり・資料請求
見積書やオフショア開発の詳細資料を無料でお送りします
お問い合わせ

オフショア開発ガイド

オフショア開発のご相談や お見積りはこちらから

CONTACT