deha magazine / オフショア開発 / 【知らなかったはヤバイ】オフショア開発と不向きな案件とは

【知らなかったはヤバイ】オフショア開発と不向きな案件とは

2019/07/22

スクリーンショット-2019-07-21-9.09.42

この記事を見つけた人の中には、オフショア開発で苦い経験をしたことがある人もいるのではないだろうか。

オフショア開発といえば、安価にシステムを作れるという魅力につられ、甘い考えで取り組んだ結果失敗した。なんて話をよく耳にする。

実際のところは、思っているほど安くはならないが、日本人エンジニアを確保するよりもリーズナブルであることは事実。
その分、コミュニケーションが難しいのも事実であるが、、、お作法さえ分かればそのハードルはクリアできるそうだ。

結論から言うと、オフショア開発は、用法を守れば日本企業の強い味方であることは間違いない。

そこで、我々のようなベトナムオフショア会社も自らその用法を学び、発信しようと思い立ち、その道のプロに力をお借りすることにした。

前回に引き続きDEHA創業時より、我々に開発を発注してくださっている株式会社マンディ 代表取締役の福田氏(通称:アニキ)にお話を伺ってみた。

オフショア開発国の中でも注目されているベトナムのオフショア開発の注意点や費用・他の国との比較についてはオフショア開発とは|知っておきたい課題と現状、開発国別のコスト相場で解説。

アニキに聞いてみた〜オフショア開発と相性が悪い案件とは?〜


<語り手=株式会社マンディ 代表取締役 福田弥 氏 / 通称アニキ(DEHA社内での愛称)>

<聞き手=もっち(DEHA 新米営業担当)>


【もっち】先日のインタビューありがとうございました。評判とても良かったですよ。

【福田氏】そう言って貰えると嬉しいです。

僕の周りでも「ゲームやAIの開発がオフショアと相性が良いって意外だった」とかって新鮮な意見を貰えて参考になりましたね。やはり発信するって大事ですね。

mandi-03
facebookのいいね!をチェックするアニキ

【もっち】そうなんです。っと言うことで、またまたインタビューをさせていただきたく!

【福田氏】今度は、何にしようかなー。あ、じゃあオフショア開発に不向きな案件!このテーマでお話しましょうか。

【もっち】DEHAとしては、恐る恐るですが、、、よろしくお願いしますっ!!

オフショアに不向きな案件 その① デザイン

【福田氏】4つあるんですが、まず1つ目はデザイン案件。

デザインほどオフショア開発に向かないものはないと思います。

【もっち】えっ?なぜ、ですか?

【福田氏】民族や文化によって色彩感覚、美的感覚は違うからです。

例えば中国人は赤が大好きです。中国の街を歩けばそこら中で赤が使われていますし、銀座あたりに大挙している中国人環境客を見ていても赤系の服を着たおばちゃんが目立ったりします。服を見るだけで外国人だと分かってしまいます。逆に日本は中間色系の色合いが好まれたりしますね。

【もっち】ベトナム人も原色が好きですね。赤やピンク、黄色、オレンジ、もしくは白とか。

【福田氏】一転、ECショップのデザインを行うとなると、派手は写真やフォントを多用したデザインにしないと日本じゃ売れません。まるで新宿の繁華街や秋葉原の電気街のようなイメージです。その点、ECショップデザインのグローバルスタンダードはAmazonのような定番的な語りげのないものだと聞きます。

TPOに応じてどのようなデザインが日本人に好まれるかと言うことを外国人が肌感覚で理解すると言うのは非常に難しいのです。

【もっち】逆の立場で考えると、納得ですよね。日本人が外国人むけにまとを得たデザインを作れる気がしないです。

オフショアに不向きな案件 その② 孫請け案件

【福田氏】孫請け以上の案件も、できればオフショア開発は避けた方が良いです。

オフショア開発では日本語で書かれた仕様をいかに開発チームと共有するかが肝になります。開発側は日本語ネイティブではないので、日本人のエンジニアとのやり取りに比べてかなり細かいところまで突っ込んで確認してくることが多いです。

【もっち】外国語の微妙なニュアンスを汲み取るのって、難しいですもんね。

【福田氏】直受けの案件であればクライアントとの距離が短い為、開発側の確認に対する回答は迅速に行えます。これが二次請け、三次請けになると、クライアントとの距離が遠くなり、回答を得られるまでの時間がどんどん延びてきます。回答を得られたとしても、伝言ゲームの中でうまく伝わらずこちらの意図通りの回答が得られずに再度質問を投げると言うことも多々あります。

【もっち】そう聞くと、難易度の高い伝言ゲームですね。

【福田氏】本当にそうなんです。このように確認事項からの回答が遅いと何が起こるか…これがオフショア開発の特性なのですが、回答は得られないものと思い、エンジニアが勝手に進めてしまうことが数多く見られます。後から回答しても、その回答内容をスルーされてしまい、結局意図せぬものができ上がってしまうと言うことも多いです。

クライアントとの迅速な意思疎通がないと、オフショアがうまく機能しないことが多くなってきます。

オフショアに不向きな案件 その③ 特急案件

【福田氏】最後は、超短納期の案件ですね。これもオフショアには向きません。

【もっち】こ、、、これは仕事が遅いということですか?汗

【福田氏】違います。仕事が遅いんじゃなくて、無理な長時間労働ができない。させられない。

日本は最近でこそ働き方改革とか言い出していますが、ついこの間までは残業・休日出勤は当然でした。短納期の案件は例外なく、残業や休日出勤なしでは終わらせることはできません。

日本の常識は世界の非常識。ベトナムなどは労働者が法律でしっかりと保護されており、なかなか休日に働かせたり、残業をさせたりと言うことができません。そもそも制度的に日本のやり方を強要することは無理なのです。このような特急案件はオフショアで対応することはかなり難しくなります。

mandi 04
日本の労働環境についてしみじみと語るアニキ

【もっち】仕事第一な日本人とギャップが生じるということですね。

向いていない案件でもマネジメント次第

【もっち】ありがとうございます。オフショア開発の苦手分野とその理由がとても分かりやすかったです。

【福田氏】それは良かったです。会社のアキレス腱って、どこもあると思うのですが、それを知った上で行動するのと、知らないと行動するのとでは、大違いですからね。

【もっち】知っていると対策も打てますもんね。

【福田氏】はい。発注側もこれを知っているだけで失敗確率を減らすことができると思います。ただ、苦手だと分かっていても頼みたい時があるのは事実なんですよね。特に日本は人材不足が進む一方ですし。

【もっち】そういう時はどうすれば良いんでしょうか。

【福田氏】オフショア開発側は、お客様に素直に「苦手ですよ」「これはできませんよ」と伝えることが大事だと思いますね。ちゃんと理由を踏まえて話せば発注側も理解できますし。

ま、今日挙げた例は日本企業でも難しいケースが多いので、それを「何でもできます」と安請け合いしちゃう会社よりも、ちゃんとリスクを提示できる企業の方が信頼できますよね。

発注側も難しいことは承知の上で、頼みたいときの対策方法はありますし。

【もっち】と、言いますと?

【福田氏】オフショア開発も使い方も会社それぞれで、自社のサービスの基幹をオフショアに任せている会社もあります。

結局はマネジメント次第なんですよね。要件や仕様をこと細かに設計する方法もありますし、担当者をオフショア開発側にベタ付けで貼り付ける方法もありますし。ようはコミュニケーションミスが起きない工夫をすれば良いのです。

【もっち】なるほど。マネジメント次第では失敗確率を減らせるんですね!とても勉強になりました。ありがとございました!

オフショア開発国の中でも注目されているベトナムのオフショア開発の注意点や費用・他の国との比較については「【保存版】ベトナムのオフショア開発まとめ~メリットデメリット・費用・会社選び~」で解説しています。

長期間かつ柔軟な開発が可能であるというラボ型開発(ラボ契約)の費用や注意点・ポイントについては「ラボ型開発(ラボ契約)とは~メリット・デメリット・向いている開発内容まとめ~【保存版】」で解説しています。

DEHAは総勢200名のテクノロジー集団です。

5年以上のオフショア 開発の実績をご評価いただき

多くの日本企業様に選ばれています。

見積もり・資料請求
見積書やオフショア開発の詳細資料を無料でお送りします
お問い合わせ

オフショア開発ガイド

オフショア開発のご相談や お見積りはこちらから

CONTACT