deha magazine / オフショア開発 / 【2024年最新版】激安価格でオフショア開発国の一覧|国ごとの単価相場を比較

【2024年最新版】激安価格でオフショア開発国の一覧|国ごとの単価相場を比較

2024/03/14

オフショア開発は、多くの企業がコスト削減やスキルの活用のために採用する戦略の一つです。

2024年現在、ミャンマー、フィリピン、バングラデシュ、ベトナムなど、いくつかの国々がオフショア開発の需要を支える主要なプレーヤーとなっています。

この記事ではそんなオフショア開発国の単価相場を紹介していきたいと思います。

  • オフショア開発に興味がある方
  • オフショア開発国を検討中の方
  • 社内のIT人材が不足している方

これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めばオフショア開発国のコストがどのぐらいかかるのか、どの国がコストが低いのかなど丸わかりですよ。

関連記事:【2024年版】オフショア開発各国をPEST分析してみよう|業界の現状や動向を徹底解説

ミャンマー

プログラミング(1時間あたり)約1,100円〜2,200円
WEB開発(1プロジェクトあたり)約110,000円〜550,000円
モバイルアプリ開発(1アプリあたり)約220,000円〜1,100,000円

ミャンマーは、比較的低い単価で開発を提供する国の一つです。この国の開発者は、他のアジア諸国と比べて非常に競争力のある価格設定を行っていますが、その一方で高い技術能力を持ち、優れた成果物を提供します。

また、ミャンマーのオフショア開発には、独自の文化的な利点もあります。例えば、英語能力の向上や多様な文化的背景を持つ開発者が存在し、クライアントとのコミュニケーションが円滑に行われることが特徴です。

さらに、近年の政治的変化や経済改革により、ミャンマーのITインフラとビジネス環境が改善され、企業が安心してパートナーシップを築ける環境が整っています。

ただし、ミャンマーのオフショア開発にはいくつかの課題も存在します。例えば、インフラの整備やビジネスプロセスの効率化など、まだ改善の余地があります。また、政治的な不安定さやビジネスの透明性の欠如も懸念される要素です。

これらの課題を克服するために、企業はミャンマーの市場に投資する際に慎重さが求められますが、その結果として得られるリターンも大きいと考えられます。

フィリピン

プログラミング(1時間あたり)約1,650円〜3,300円
WEB開発(1プロジェクトあたり)約330,000円〜1,320,000円
モバイルアプリ開発(1アプリあたり)約495,000円〜2,475,000円

フィリピンは、英語の堪能な人材が豊富であり、コミュニケーションが比較的容易です。フィリピンは、米国の植民地だった歴史から、英語が公用語として広く使用されており、ビジネスコミュニケーションにおいても高いレベルの英語力が期待できます。

これにより、クライアントとのコミュニケーションが円滑に行え、プロジェクトの理解や要件の把握が効率的に行われます。

次に、フィリピンの開発者が持つ高度な技術力と豊富な経験が挙げられます。IT関連の教育が盛んであり、多くの大学や専門学校が技術教育に力を入れています。

そのため、フィリピンの開発者は、ソフトウェア開発やプログラミングにおいて高いスキルを持ち、多様なプロジェクトに対応できます。

また、豊富な経験を持つ開発者が多く、高品質な成果物を提供することができます。

しかし、フィリピンのオフショア開発には、時差の課題があります。フィリピンとクライアント企業の所在地との時差が大きい場合、リアルタイムでのコミュニケーションやプロジェクトの進行管理が難しくなることがあります。

また、競争が激しいため、価格競争が起こりやすく、プロジェクトの利益率が低下することも考えられます。

バングラデシュ

プログラミング(1時間あたり)約1,100円〜2,750円
WEB開発(1プロジェクトあたり)約110,000円〜660,000円
モバイルアプリ開発(1アプリあたり)約220,000円〜1,320,000円

バングラデシュは、低コストで高品質な開発を提供する国の一つです。バングラデシュの労働力コストは比較的低く、他のアジア諸国と比較して競争力があります。

それにもかかわらず、バングラデシュの開発者は高い技術力を持ち、品質の高い成果物を提供することができます。

さらに、バングラデシュは急速に成長しているIT産業を持っています。政府の支援や外国からの投資により、ITインフラストラクチャーが整備され、技術教育が促進されています。

その結果、バングラデシュの開発者は日々スキルを磨き、最新の技術トレンドにも迅速に対応できるようになっています。

一方で、バングラデシュのオフショア開発にはコミュニケーションの壁が存在します。

英語が公用語ではありますが、一部の開発者は日常的に英語を使用する機会が限られており、コミュニケーションの円滑さに若干の課題が生じることがあります。また、時差も考慮する必要があります。

ベトナム

プログラミング(1時間あたり)約1,320円〜2,750円
WEB開発(1プロジェクトあたり)約132,000円〜770,000円
モバイルアプリ開発(1アプリあたり)約165,000円〜858,000円

ベトナムは、オフショア開発において独自の特徴を持つ国の一つです。まず、その地理的な立地が大きな利点です。

ベトナムはアジア太平洋地域の中心に位置し、主要なアジアの都市とのタイムゾーンの違いが少ないため、リアルタイムでのコミュニケーションやプロジェクトの進行管理が比較的容易です。

これにより、クライアントとのやり取りがスムーズに行え、プロジェクトの効率が向上します。

また、ベトナムのオフショア開発においては、高い技術力と豊富な人材が特徴的です。ベトナムはIT教育に力を入れており、多くの技術者が高度な技術スキルを持っています。

特に、モバイルアプリやウェブ開発などの分野で優れた成果を上げており、世界的に競争力のある成果物を提供しています。

さらに、ベトナムの労働力コストも比較的低く抑えられています。これは、生活費が他のアジア諸国に比べて安価であることや、政府の支援による開発業界の成長が影響しています。

そのため、他の先進国に比べてコストを抑えつつ、高品質な開発を提供することが可能です。

まとめ

いかがでしたか。本日はオフショア開発国のコストについて主要4カ国の開発単価について紹介していきました。

本日紹介した国々は、それぞれの利点と課題を持ちながら、オフショア開発市場において重要な役割を果たしています。

企業が最適なオフショアパートナーを選択する際には、価格だけでなく、開発手法や文化的な適合性なども考慮することが重要です。

DEHAソリューションズではベトナムオフショア開発に関して7年以上に及ぶ実績があります。DEHAのフエ開発チームの活用なら月25万円からの開発が可能です。

先ほども言ったようにベトナムは優れたエンジニアが多く、人気の開発国となっています。

具体的なコスト面やエンジニアの質に関して知りたい方はお気軽にお問い合わせください。

株式会社DEHA SOLUTIONS
私達は約200名のIT人材を有するテクノロジースタジオです。
ベトナムの情報通信系大学やEduTechベンチャーと連携し、潤沢なタレントプールから選りすぐりの人材を採用し、日本企業に最適化した教育を施しています
お客様の課題感にあった最適なITチームをご提供いたしますので、ITリソースの人材不足にお悩みのご担当者様はお気軽にお問合わせ下さい。
開発実績 お問い合わせ

オフショア開発ガイド

オフショア開発のご相談や お見積りはこちらから

CONTACT