deha magazine / EC開発 / Ruby on RailsとLaravelのWebフレームワークを徹底比較!

Ruby on RailsとLaravelのWebフレームワークを徹底比較!

2021/07/26

Webアプリケーションを開発する際、どういった言語・どういったWebフレームワークを採用するかで迷うことはありませんか。

フレームワークにはそれぞれ得意とする分野があり、それを知っておくとウェブ開発がよりスピーディーに、効率よく行うことができます。

今回は、RubyのフレームワークであるRuby on Railsと、PHPのフレームワークであるLaravelについて、それぞれの特徴をご紹介していきます。

  • どんなフレームワークで開発しようか迷っている方
  • フレームワークについて学びたい方
  • 社内のIT人材が不足している方

これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めばRuby on RailsとLaravel、それぞれどのような違いがあるのか、どう言った特徴があるのか丸わかりですよ。

Ruby on Rails

Ruby on Railsは、Rubyを用いたWebフレームワークです。
2004年に初めてリリースされて以来、多くの人に使われています。

Ruby on Railsの特徴

Ruby on Railsには、以下の8つの原則があります。

  1. プログラマの幸福度を最適化
  2. 設定より規約(慣習)を重視する
  3. メニューは”おまかせ”で
  4. パラダイムが1つではない
  5. 美しいコードを称える
  6. 統合システムを尊重する
  7. 安定性より進歩を重視する
  8. テントを押し上げる

これら原則に加えて、Rubyというプログラミング言語自体の「英語を記述するように、直感的にわかりやすいコーディングが可能」「他のプログラミング言語に比べて、記述するコード量が少なくて済む」といった特徴が合わさります。

Ruby on Railsのメリット

これらにより、Ruby on Railsには以下のようなメリットがあると言われます。

  • 短いコードで、たくさんの機能を実装できる
  • 複雑な設定を行うことなく開発ができる
  • 誰が作っても、シンプルでわかりやすい記述になる
  • 作ったシステムが、デザインパターンにそった構造になっている

少人数での開発や、短期間でのプロトタイピングにも向いていますが、記述がわかりやすい点や規約にそった作りになる点から、大規模なチームでの開発にも向いています。

Ruby on Railsのデメリット

一方で、以下のような弱点があります。

  • 使いこなすには規約を覚える必要があり、学習コストがかかる
  • 規約から外れることをするのが難しい
  • 作成したアプリケーションの速度がやや遅い

複雑な機能が求められるアプリケーションには、Ruby on Railsはあまり向いていないと言えます。

Laravel

LaravelはPHPを用いたWebフレームワークです。

Laravelの特徴

2011年にできたフレームワークであり、歴史は意外と浅いです。
後発でできたこともあり、他言語のフレームワークのいいところを取り入れたフレームワークとなっています。

Laravelの特徴は、以下の通りです。

  • MVCモデルを採用しているフレームワークである
  • 国内外でシェアを獲得しており、機能やプラグインの開発が盛ん
  • 学習コストが低い
  • 拡張性と自由度が高い

Laravelは、国内外で人気が高いフレームワークであり、PHPのWebフレームワークの中では、ほぼ一強のような状況になっています。

そのため、機能追加やプラグインの開発が盛んだったり、コミュニティが盛り上がっているため、情報が多いのが特徴です。

Laravelのメリット

先述したように、Laravelは他のPHPフレームワークと比べて学習コストが低く、使いやすいフレームワークといえます。

拡張性や自由度も高いため、複雑な機能をもったアプリ開発にも耐えうるフレームワークです。

Laravelのデメリット

Laravelの弱点として、以下のような点が挙げられます。

  • 自由度が高すぎるがゆえに、ソースが複雑になりがち
  • 処理速度がやや遅い

Laravelは、非常に自由度が高いため、開発者それぞれが好き勝手に書くことができてしまいます。

練度の低い開発チームであれば、ソースの統一性が失われてしまい、保守が難しい状況に陥りかねません。

また、Laravelで開発したWebアプリは、やや処理速度が遅いです。
そのため、高速なレスポンスを求められるアプリケーションでは、あまりおすすめできません。

Ruby on RailsとLaravelどっちが良いの?

それぞれのフレームワークの特徴をまとめると以下の表のようになります。

Ruby on RailsLaravel
特徴設定より規約(慣習)を重視するフレームワーク他言語のフレームワークのいいところを取り入れたフレームワーク
メリットシンプル。短いコードで書けるプラグインの開発が盛ん。学習もしやすい
デメリット複雑な機能は不向きソースが複雑になりがち

これらを踏まえると、シンプルな機能のアプリケーションであればRuby on Railsが、複雑な構造を作る必要がある場合はLaravelが、おすすめと言えます。

Ruby on Railsは、シンプルな開発においては、高速で素晴らしいシステムを提供してくれますが、規約を超えたカスタマイズが必要になったときに弱いです。

一方でLaravelは非常に自由度が高いため、どんな開発も行えますが、Ruby on Railsの規約の範囲内で作れるアプリであればRuby on Railsの方が早く作れるでしょう。

とはいえ、Ruby on RailsもLaravelも、Webアプリケーション開発において、非常に優れた選択肢です。

正直、ほとんどの開発案件であれば、どちらを選んでも十分なものを開発することができるでしょう。

Web開発ならdehaにご相談ください

dehaでは、5年間に渡りベトナムオフショア開発を行ってきました。Web開発の実績も多数あります。

本日紹介したようなRuby on RailsやLaravelを利用した開発も得意としています。

ウェブ開発を行いたい方、Ruby on RailsやLaravelについて詳しく知りたい方がいらっしゃいましたら、ぜひご気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

見積もり・資料請求
見積書やオフショア開発の詳細資料を無料でお送りします
お問い合わせ

オフショア開発ガイド

オフショア開発のご相談や お見積りはこちらから

CONTACT