deha magazine / SaaS / SaaS型ERPを導入する際の費用・コストシミュレーション

SaaS型ERPを導入する際の費用・コストシミュレーション

2024/01/21

企業がSaaS型ERP(Enterprise Resource Planning)を導入する際には、適切な費用とコストの見積もりが不可欠です。

そこでこの記事ではSaaS型ERP導入に伴う主な費用とコストのシミュレーションの手順について紹介したいと思います。

  • SaaS型ERPの導入を検討している方
  • SaaS型ERPの費用面が気になる方
  • 社内のIT人材が不足している方

これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めばSaaS型ERPのコスト面への不安が払拭されますよ。

そもそもSaaS型ERPとは?

SaaS型ERP(Software as a Service型Enterprise Resource Planning)は、企業の業務プロセスを統合的かつクラウドベースで提供するソフトウェアサービスです。

このシステムは会計、人事、在庫管理、調達などの業務機能を統合し、リアルタイムでデータを共有することができます。

ユーザーはウェブブラウザを通じてアクセスし、専用のハードウェアや複雑な導入作業が不要。

ライセンス料金は通常サブスクリプションベースで、柔軟性とスケーラビリティがあり、最新の機能やセキュリティアップデートが提供されます。

SaaS型ERPの費用

SaaS型ERPの費用にはどんなものが含まれるでしょうか。ここではSaaS型ERPにかかる費用を具体的に解説します。

ライセンス費用

各SaaS ERPプロバイダーにはライセンス費用が発生します。このライセンス費用とはソフトウェアを利用するための基本的な料金のことで、通常、企業はユーザーごとにライセンスを購入し、これに基づいて月額または年額の支払いが発生します。

企業は必要なユーザーライセンス数や機能の範囲に応じて柔軟に調整でき、スケーラビリティを確保できます。

ライセンス費用には通常、新機能やアップデートに対するアクセス権も含まれ、これにより最新の機能や改善が利用可能となります。

ライセンス費用はクラウド型で数十万円〜100万円、オンプレミス型で数百万円〜数千万円ほどになるでしょう。

カスタマイズと導入サービス

システムのカスタマイズや導入サービスが必要な場合、これにかかる費用を見積もります。

導入サービスには、システムの導入や構成、既存データの移行、トレーニングプログラムの実施などが含まれます。これらのサービスは通常プロフェッショナルサービスチームによって提供され、専門的なスキルや経験が必要です。

カスタマイズと導入サービスにかかる費用は、プロバイダー、専門家の時間、およびプロジェクトの規模によって異なります。

データ移行とトレーニング費用

既存のデータを新しいシステムに移行する費用や、従業員のトレーニングにかかる費用を考慮します。データ移行には、既存のデータを新しいERPシステムに移す作業が含まれます。

これにはデータクレンジング、変換、および検証が含まれ、作業の複雑性やデータ量に応じて費用が発生します。

トレーニングは、システムの効果的な利用を保証するために不可欠です。ユーザー、管理者、およびサポートスタッフへのトレーニングにかかる費用も導入コストに含まれます。

これにより、システムを効果的に利用し、全員が適切に操作できるようになります。

ハードウェアおよびインフラストラクチャ

SaaS型ERPの導入において、ハードウェアおよびインフラストラクチャにかかる費用は主にクラウドベースの提供形態で変わります。

クラウド型のSaaS ERPでは、通常、クラウドプロバイダーがハードウェアとインフラの提供・管理を担当します。このため、企業は物理的なサーバーやネットワーク機器の購入・保守費用を抑えることができます。

代わりに、クラウドサービスの利用料やプランに基づく月額または年間のサブスクリプション料が発生します。

これにより、スケーラビリティや柔軟性が向上し、運用の効率が高まります。

ハードウェアおよびインフラの費用は、クラウドベースのSaaS ERPの利点として、初期投資を最小限に抑え、即座にシステムの活用を開始できる点にあります。

ライセンス更新とサポート費用

ライセンス更新費用は、一定期間ごとにソフトウェアの最新バージョンや新機能へのアクセスを保証するためにかかります。これにより、システムが最新かつセキュアな状態を維持できます。

サポート費用は、導入後のトラブルシューティングや技術的なサポートを提供するための料金です。ベンダーが定期的なアップデートやパッチを提供し、問題が発生した際に対応するためのサポートが含まれます。

これにより、システムの安定性が確保され、企業は適切なサポートを受けながらシステムを活用できます。

ライセンス更新とサポート費用は、長期的なシステムの健全性と安全性を保つために重要な要素であり、企業はこれらの費用を予算に組み込み、定期的な支払いを通じてシステムの持続的な価値を確保します。

その他

SaaS型ERPを導入する際には、導入前の費用だけでなく導入後に発生するかもしれない追加の費用や隠れたコストも検討するようにしましょう。

例えばユーザーサポートの追加料金、新機能のカスタマイズに伴うコストなどがかかる可能性があります。

まとめ

いかがでしたか。本日はSaaS型ERPを導入する際の費用に関して、どういったものがあるのかについて解説していきました。

SaaS型ERPにはライセンス費用やカスタマイズと導入サービス費用、データ移行やトレーニング費用などがかかりましたね。

これらの要素を総合的に考慮することで、企業は導入にかかる総合的な費用を予測し、適切な予算を立てることができます。

コストシミュレーションは導入前の段階で重要であり、トータルなコストを正確に把握することで、スムーズな導入と運用を実現するでしょう。

株式会社DEHA SOLUTIONS
私達は約200名のIT人材を有するテクノロジースタジオです。
ベトナムの情報通信系大学やEduTechベンチャーと連携し、潤沢なタレントプールから選りすぐりの人材を採用し、日本企業に最適化した教育を施しています
お客様の課題感にあった最適なITチームをご提供いたしますので、ITリソースの人材不足にお悩みのご担当者様はお気軽にお問合わせ下さい。
開発実績 お問い合わせ

オフショア開発ガイド

オフショア開発のご相談や お見積りはこちらから

CONTACT