deha magazine / オフショア開発 / 【2024年版】ソフトウエア開発モデルの基本を理解しよう|ビジネスに最適なのは?

【2024年版】ソフトウエア開発モデルの基本を理解しよう|ビジネスに最適なのは?

2024/03/01

ソフトウェア開発において、適切な開発モデルを選択することは、プロジェクトの成功に直結します。

さまざまな開発モデルがありますが、その中からビジネスに最適なモデルを選択するために、アジャイル開発、ウォーターフォール開発、V字モデル、スパイラルモデル、DevOpsモデル、イテレーティブモデルについて解説します。

  • ソフトウエア開発モデルについて詳しく知りたい方
  • ソフトウェア開発をしたい方
  • 社内のIT人材が不足している方

これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めばあなたにとってのソフトウェア開発の最適なモデルが分かりますよ。

アジャイル開発

アジャイル開発は、ソフトウェア開発の手法の一つで、柔軟性とスピードを重視します。

従来のウォーターフォール開発とは異なり、アジャイルではプロジェクトを複数の短いイテレーションに分割し、毎回のイテレーションで機能を追加していきます。

顧客との積極的なコミュニケーションが特徴であり、要件の変更にも柔軟に対応できます。

開発チームは自己組織化され、定期的な反省や改善を通じて、継続的な進化を遂げます。

このようにアジャイル開発は、ビジネスの変化に素早く対応し、価値を早期に提供することを可能にします。

ウォーターフォール開発

ウォーターフォール開発は、ソフトウェア開発の古典的な手法の一つです。

プロジェクトは段階的に進行し、次のフェーズに進む前に前のフェーズが完了する必要があります。

一般的なフェーズは、要件定義、設計、実装、テスト、リリースです。各フェーズでの変更は難しく、後の段階での修正がコストがかかります。

そのため、プロジェクトの要件やスコープを事前に十分に理解し、明確に定義することが重要です。

ウォーターフォールモデルは、予算やスケジュールの管理がしやすく、プロジェクトの進捗が見えやすいという利点がありますが、変更への適応が難しいという欠点もあります。

V字モデル

V字モデルは、ソフトウェア開発のプロセスをウォーターフォールモデルに似た形で表現するモデルです。

このモデルでは、ソフトウェア開発の各段階に対応して、それぞれの段階でのテスト活動を配置し、開発の進行とともにテスト活動も進化することが特徴です。

このモデルの名前は、プロセスが下降する部分とテストが上昇する部分が「V」の形になることからきています。

V字モデルは、ウォーターフォールモデルよりもテスト活動に重点を置いており、ソフトウェアの品質を向上させることに焦点を当てています。

各段階でのテストが要件の確認から始まり、設計、実装、テスト、運用に至るまで継続的に行われます。

このモデルは、特に大規模かつ複雑なプロジェクトに適しており、品質管理とリスク管理が重要なプロジェクトに使用されることがあります。

スパイラルモデル

スパイラルモデルは、ソフトウェア開発のプロセスを継続的なリスク管理とプロトタイピングを組み合わせた柔軟なモデルです。

このモデルは、ウォーターフォールモデルとプロトタイピングを組み合わせたものと言えます。

プロジェクトは螺旋状に進行し、各スパイラル(螺旋)はリスクの評価、計画、実行、およびテストの活動を含みます。

各スパイラルの終わりには、プロトタイプが構築され、顧客のフィードバックを得ることができます。

このフィードバックをもとに、次のスパイラルに向けて計画を修正し、プロジェクトを進めていきます。

スパイラルモデルは、リスクの高いプロジェクトや変更が頻繁に発生するプロジェクトに適しています。

柔軟性とリスク管理が重要なプロジェクトにおいて、スパイラルモデルは効果的なアプローチを提供します。

DevOpsモデル

DevOpsモデルは、開発(Development)と運用(Operations)を統合したアプローチです。

従来の開発と運用の間にある障壁を取り除き、両者が連携してソフトウェアのリリースから運用に至るまでのプロセスを自動化し、効率化します。

開発チームと運用チームが連携し、インフラの自動化、コンテナ化、継続的なデプロイメントなどの実践を通じて、迅速なデプロイメントと安定した運用を実現します。

DevOpsモデルは、継続的なインテグレーション、継続的なテスト、継続的な監視などの実践を通じて、ソフトウェアの品質向上とリリースサイクルの短縮を実現します。

このモデルは、アジャイル開発との組み合わせが一般的であり、ビジネスの要求変化に対応しつつ、迅速な価値提供と高品質のソフトウェアを実現することができます。

イテレーティブモデル

イテレーティブモデルは、ソフトウェア開発の手法の一つで、プロジェクトを複数の小さなイテレーションに分割して進行します。

各イテレーションでは、部分的なソフトウェア機能が開発され、テストされ、リリースされます。その後、フィードバックを受けて改善が行われ、次のイテレーションに反映されます。

このモデルはアジャイル開発と密接に関連しており、柔軟性と変更への適応力を重視します。

プロジェクトの要求や環境の変化に迅速に対応でき、顧客とのコミュニケーションを通じて要件を明確にし、価値のあるソフトウェアを早期に提供します。

イテレーティブモデルは、リスクの低減や要件の変更に対応する柔軟性を持ち、プロジェクトの進捗状況を定期的に監視して改善を促進するため、多くの場合、成功を収めるための有力な選択肢となります。

ビジネスに最適なモデルは?

ビジネスに最適なモデルは、プロジェクトの性質や要件、ステークホルダーのニーズによって異なります。

アジャイル開発は変化に対応する柔軟性がありますが、ウォーターフォール開発は予算やスケジュールの管理がしやすい場合があります。

プロジェクトの目標や環境に応じて、適切なモデルを選択し、最適な結果を得ることが重要です。

まとめ

いかがでしたか。本日はフトウエア開発モデルの基本を理解するために、アジャイル開発、ウォーターフォール開発、V字モデル、スパイラルモデル、DevOpsモデル、イテレーティブモデルそれぞれの特徴を解説していきました。

アジャイル開発は変化に対応する柔軟性がありますが、ウォーターフォール開発は予算やスケジュールの管理がしやすいといった特徴がありましたね。

ビジネスに最適なモデルは、プロジェクトの性質や要件、ステークホルダーのニーズによって異なります。

開発を行う際にはそれぞれの特徴を意識して選ぶようにしていきましょう。

株式会社DEHA SOLUTIONS
私達は約200名のIT人材を有するテクノロジースタジオです。
ベトナムの情報通信系大学やEduTechベンチャーと連携し、潤沢なタレントプールから選りすぐりの人材を採用し、日本企業に最適化した教育を施しています
お客様の課題感にあった最適なITチームをご提供いたしますので、ITリソースの人材不足にお悩みのご担当者様はお気軽にお問合わせ下さい。
開発実績 お問い合わせ

オフショア開発ガイド

オフショア開発のご相談や お見積りはこちらから

CONTACT