TOP テクノロジーLaravel DEHAで一番最初にLaravelの資格を取得した開発者!トアンをご紹介致します

DEHAで一番最初にLaravelの資格を取得した開発者!トアンをご紹介致します

by Van Nguyen

今回は弊社で働く開発者のトアンを紹介致します。
彼はスクラムマスターとして働いていて、資格の取得にも熱心な開発者です。彼の仕事への想いや入社の動機をインタビューしたのでご覧下さい。

プロフィール

名前 Phạm Trung Thuần ファム チュン トゥアン

生年月日 1995年生まれ(25歳)

役割  DEHA SOFTWAREのスクラムマスター(Scrum Master)

経歴

DEHA Softwareで働いている開発者およびスクラムマスターを担当しているファン チュン トゥァンです。2017年に入社しました。

3年間のPHP言語や他のフレームワークなどの経験が有ります。特にLaravelを得意としています。

私は開発者としてソフトウェア業界で簡単で読みやすいコーディングを心がけています。

また、私は空き時間に本やブログを読んだり、ポッドキャストを聞いたり、スクリーンキャストを見たり、専門家をフォローしています。

常に新しい技術を学び自分のスキルを高めていく事に努力をしています。

インタビュー内容

入社後のキャリアを教えてください。

入社後、PHPエンジニア担当として働きました。 

正社員になる前に、Dehaで3ヶ月間くらいインタンシープで就業体験をしていました。 

その間にITの知識を身に付けました。また、ITに限らずDehaのエンジニアとして色々な事を学びました。

Dehaの特徴は何だと思いますか?

2017年の夏、Dehaに初めてDEHAに来た時、すごく明るい雰囲気な会社だと感じました。

当時、一番印象に残ったのは若々しくて活気にあふれた職場です。

私自身も私と同じように若い仲間と一緒に仕事をしたいと思っていました。

そして、DEHAで働き始めてから良いなと思っていることはDEHAの人材育成制度です。

ここでは勉強グループを作り、資格取得の目標を設定する事で、みんなでスキルアップを励まし合います。

DEHAでは人材育成を何よりも大切にしているように感じられます。

現在の仕事内容を教えてください。

私は現在、会社のプロジェクトでスクラムマスターの立場を任されています。

この仕事はスクラムが正しく機能していることを確認し、チームが直面する困難を取り除き、チームの全員がスクラムを正しく理解し運用できるようサポートすることです。

時間がある時はプロジェクトのいくつかの簡易機能もコーディングします。

PSM1認定に加えて、Laravel 2020認定に合格しましたが、合格の秘訣をみんなに共有していただけますか?

私はそのテストに合格する秘訣は実践経験だと思います。

テストは想像したほど難しく無いですが、合格するためにいくつかのプロジェクトでの実践経験が必要です。

テストに思考的な問題があるので初心にはアプローチが難しいです。

なので、テストを受ける前にLaravelの実経験を積んでおく事をお勧めします。

テストで出る多くの問題は教科書にあるものではなく現場での知識です。

毎日作業しなければ、関数の名前、パラメーターの順序、その他のプロパティは覚えにくいと思います。

その為、私はテストを受ける前に4時間だけ復習をしました。

結果、Laravelのテストに合格し、Laravelに認証された開発者になることができました。

実は当初はこの資格を受ける考えがありませんでした。

PHPを使用していたので、私が一番取りたい資格はZendというものでした。しかし、たまたまツイッターでLavarel試験料の50ユーロ割引券を見つけ、ずっとLaravelの仕事をしてきたのでチャレンジしたいと思い申込みました。

今後、他の資格を取得したいですか?

もちろんです。次回, Zend資格を復習して取ろうと思います。 これが今年の目標の一つです。Laravelと異なり, ZendのPHPテストは非常に難しくて, 不合格率がかなり高いです。

私の情報が間違いなければ、ベトナムでこの資格を取得できたのはたった60人です。

ベトナムの開発者はお金を稼ぐことに夢中になっているのかどうか分かりませんが , その数は少ないですね。

こんなに難しいな試験に受かりたければ 、真剣に練習計画を立てらなければならないかもしれません。

あなたがDEHAの社内ブログSEALに多くの投稿を共有したのを見ました。それは仕事の後に自分をリフレッシュする方法ですか。

そんなことはないです。 執筆が好きなタイプでもないです。 現在の投稿数はわずか3件です。.会社の他のシニアライターの記事数と比べると、全然少ない数です。

私のSEALにある投稿を通して、社内の全員に何かメッセージを伝えたいと思っています。もちろん、投稿件数が高いという評価をしてもらえたことはとても嬉しいです。   

将来はどんなキャリアを築いていきたいですか?

現在、DEHAでは新しい役割が有ります。チームコーチと呼ばれるクラフトマンシップのプログラムの一部です。このプログラムに非常に興味があるのでチャレンジしてみたいと思います。

関連記事