TOP テクノロジー スマートデバイス向けネイティブアプリには「Java」が最適?

スマートデバイス向けネイティブアプリには「Java」が最適?

by Van Nguyen
0 コメント

スマートフォン・タブレットなどのスマートデバイスはビジネスでも家庭でも普及が広がり、なくてはならない存在になっています。

ユーザーの立場から見てみると、自分のやりたいことができればネイティブアプリでもWebアプリでも問題はありません。しかしシステム・ツールの開発をする立場から見てみると、さまざまな要因を考慮してネイティブアプリにするか、Webアプリにするかを判断する必要があります。

さらにどのフレームワークや言語を使うかもクライアントからの要望を考えながら経験を生かして決定しなくてはいけません。

そこで今回はスマートデバイス向けのネイティブアプリ開発と汎用性が最も高いと言われている「Java」との関わりについて解説します。

ネイティブアプリのメリット・デメリット

「ネイティブアプリ」はスマートフォン、タブレットなどの端末にインストールして利用するアプリケーションです。端末ごとのアプリストアからダウンロード・インストールをして利用します。ネイティブアプリの開発・販売・運用を行う際には以下のメリット・デメリットを考慮する必要があります。

メリット

・インターネットが繋がらない状況でも使用できる

・Webアプリよりも動作速度が速いものが多い

・デバイスの機能を使える(速度センサー、位置情報、カメラ、通知など)

・アプリをインストールしてくれるユーザーはWebアプリより濃いユーザーが多い

デメリット

・ストアで課金・検閲・審査される

・アプリがインストールされていないとサービス・情報を提供できない

・Android,iOS用それぞれを開発すると時間とコストがかかる

・アプリ内の情報を最新にするためにはアプリの更新・バージョンアップが必須

「ネイティブアプリ」のデメリットをカバーできるのが「Webアプリ」です。もちろんその分、「ネイティブアプリ」のメリットが「Webアプリ」のデメリットとなるため、開発するアプリケーションの機能・サービスの内容を考慮した判断が必要です。

ネイティブアプリの開発には「Java」が最適?

スマートでマイスのネイティブアプリの開発言語はAndroidとiOSで異なります。

Androidでは「Java」「Kotlin」「C言語」「Ruby」の4つの言語が主流で、

iOSではほぼ「Swift」となっています。

これらの開発言語の中でも特に汎用性が高いと言われているのが「Java」です。

Google社が多く利用する3つの開発言語(Java、C++、Pyhton)に含まれていることからも重要な存在であることがご理解いただけるのではないでしょうか。

「Java」は「C言語」をベースに開発されたオブジェクト指向のプログラミング言語で、

さまざまな特長があります。

・プラットフォームに依存しない

「Java」で開発されたソフトウェア・アプリケーションはWindows、MacOS、さらにLinuxなど、OSに依存することなく幅広いデバイスで動作することができます。

・強力なセキュリティ

オブジェクト指向なので大規模なシステムや銀行などのセキュリティを重視する必要があるシステムにも対応できる信頼性を持っています。またハッキングされにくいことも評価が高い一因となっています。

・処理速度の速さ

「Java」はコンパイラ言語でもあるため前述の「Ruby」や最近注目度が高い「Python」などよりも処理速度が速いことも重要なポイントです。

以上のような「Java」の特長は大量に配布・インストールされるスマートデバイス向けのネイティブアプリの開発に最適です。

強固なセキュリティ、処理速度の速さは開発者にとっても、ユーザーにとっても安心で便利です。さらにプラットフォームに依存しないということはAndroid用でもiOS用でも利用できるため別々の言語で別々に開発をするといった手間・コスト・時間がかからなくなるため開発する側にとっては大きなメリットとなります。

ただ「Java」にもデメリットがあります。それは習得までに時間とコストがかかることです。「Java」のベテランエンジニアの多くが「オブジェクト指向の概念を理解するのが大変」と指摘しています。初めてプログラミングを学ぶ方が「Java」を選択することはあまりお薦めされないようですが、初めに「Java」でオブジェクト指向を理解できると、その他のオブジェクト思考のプログラミング言語(Python、Rubyなど)を習得する際にスムーズである、という考え方もあります。

まとめ

新しい開発言語が数多く誕生する中で、「Java」は1995年の誕生以来、今でも多数の企業・エンジニアが採用している開発言語です。
スマートデバイスが普及し、ビジネスや生活に欠かせないアイテムとなっている中、ネイティブアプリを開発・提供する側にとっても重要な役割を果たすプログラミング言語であることは間違いありません。

「どんなアプリを開発するか」「どの言語で開発しようか」といった議論をする際に、

「Java」が候補に入る機会も多いと思います。

また発注するクライアント側も「Javaの開発ができる会社か」「Javaが使えるエンジニアが多くいる会社か」を選定基準に含めるのも重要になるのではないでしょうか。

関連記事