TOP オフショア開発 アプリをオフショア開発するときのポイント|開発会社選びを失敗しないためには?

アプリをオフショア開発するときのポイント|開発会社選びを失敗しないためには?

by fujisaka

新しくウェブアプリやスマートフォンアプリを作る際、オフショア開発を検討する企業も多いかと思います。

コスト削減や、IT人材確保の面で注目されるオフショア開発ですが、いざ始めようと考えると多くの不安やリスクが頭を過ぎるのではないでしょうか?

・「人件費は下がったとしても、他の面で費用がかかったりしないか?トータルコストは本当に下がるのか?」

・「コストを抑えた結果、質の悪いアプリを納品されないか?」

この記事では、オフショアでアプリ開発を検討している企業担当者様向けに、オフショア開発を失敗しないためのポイントをまとめました。

ぜひ最後まで目を通していただき、参考にしていただければと思います。

オフショア開発とは

オフショア開発は、開発の一部または全部を海外企業または海外の現地法人に委託することを指します。

国内のIT人材不足とIT需要の増加にともない、IT人材を確保するための手段として近年注目されている手段です。

委託できる業務の内容としては、

  • ウェブサイトの作成
  • WEBアプリの開発
  • ソフトウェアの開発
  • スマートフォンアプリの開発
  • AI開発

など、委託先によって変わりますが、様々なものを委託できます。

委託先の国としては、

  • インド
  • 中国
  • ベトナム
  • インドネシア
  • フィリピン
  • タイ
  • ミャンマー
  • エチオピア

などがあります。

特にベトナムがおすすめです。

ベトナムが注目される理由としては、以下の2点です。

  • コストメリットが大きい
  • IT人材のレベルが高く、日本の開発レベルに対応できる

また国内情勢も安定していますので、ベトナムでのオフショア開発を検討する企業は多いです。

アプリをオフショアで開発するメリット

続いて、アプリをオフショアで開発をするメリットをみていきます。

開発コストを削減できる

一つ目のメリットは、なんといってもコスト面です。

日本のIT人材は不足しているため人件費が高くつきがちです。しかし、海外の人材を活用することができれば低コストでIT人材を獲得することができます。

日本人エンジニアであれば、人月90万円〜が相場です。

一方、オフショア開発会社に依頼する場合、人月30万円〜から検討可能です。

日本人1人のエンジニアに対して、ベトナムのエンジニアを3人雇うことができます。

優秀な人材の確保

国内で低予算でエンジニアを確保しようとした場合、どうしても技術力が低いエンジニアがアサインされがちです。

一方でオフショア開発会社に依頼する場合、低予算で技術力の高いエンジニアを獲得することができる可能性があります。

日本と海外では物価に差があり、日本だと低賃金といわれる金額でも、高級取りとなれる場合があるからです。

エンジニアの技術力が低いと、納得のいくプロダクトが納品されない可能性があります。

逆に優秀なエンジニアを起用することができれば、良いプロダクトを作れる可能性は上がります。

「優秀な5人のプログラマは、二流のプログラマ1000人を完全に凌駕する」という言葉があるほど、エンジニアの技術力はプロダクトの質を左右する問題です。

低コストで優秀なエンジニアを起用できる可能性があるのは、非常に魅力的なメリットと言えるでしょう。

アプリのオフショア開発で注意するべき失敗

数多くのメリットが存在する一方で、オフショア開発のデメリットはなんでしょうか?

次は、オフショア開発での失敗例とその対策についてまとめます。

コストだけで選んだら質が悪かった

オフショア開発の大きなメリットとして「開発費の安さ」を挙げましたが、あまりにも安すぎる場合、注意が必要です。

オフショア開発を行なっている企業の中には、安さにものを言わせて強引に契約を取ろうとするところもあります。

コストを抑えようとするあまり適当なところに依頼すると、

  • 設計と全く異なるアプリが納品されてきた
  • アプリの質が著しく悪い

という悲劇がおきかねません。

こう言った悲劇は、契約前のコミュニケーションを大事にすることで回避が可能です。

  • 相場から大きく外れた低価格の提案に注意する
  • コピペ感がただよう提案はスルーする
  • レスポンスが良いかを確認する
  • 事前に実績や評判をしらべておく

事前にしっかりとコミュニケーションをとり、安心して任せられる相手かを判断しましょう。

間接コストが思ったより発生した

開発を成功させるには、委託先との密なコミュニケーションが必須です。

しかしオフショア開発の場合、言語の違いや物理的な距離の遠さからコミュニケーションの齟齬がおきやすいです。

そのため、こちらの指示や仕様書や設計書などを、委託先がわかる言語に翻訳してエンジニアに伝える役割が必要です。

こういった役割を、ブリッジシステムエンジニア(BrSE)またはコミュニケーターと呼びます。

BrSEは普通のエンジニアよりも単価が高いため、BrSEの人件費を考慮していないと思っていたよりトータルコストが高くなりがちです。

かといってBrSEを使わず社内で完結させようとした場合、コミュニケーター役の人に大きな負担がかかってしまうので注意が必要です。

日本ではテストをしっかり行なって納品するのが当たり前となっていますが、丁寧なテストが行われないまま納品されることがあります。

品質を担保するためにも、テスターを組み込むのが重要です。

BrSEやテスターを削ってしまうと、プロダクトの品質が悪くなったり、納期が間に合わなくなったりとプロジェクトの進行に支障がでかねません。

またテストには、プラットフォームごとに検証端末が必要です。

スマートフォンアプリであれば、

機種(iPhone6なのか、iPhone11なのか、AQUOSなのか、Xperiaなのか)

OSバージョン

ごとにテストをするのが理想ですし、ウェブアプリであれば

ブラウザ(Chrome、Firefox、Microsoft edge、Safariなど)

画面サイズ

ごとにテストをする必要があります。

アプリでのオフショア開発の場合は、事前にどこまでテストできるのかを確認しておく必要があります。

あらかじめ、BrSEやテスターが入るのを想定して、見積もりを行いましょう。

開発国の情勢が変わって開発が遅れた

開発国で、紛争や内戦、大規模なデモなどが起こると、開発自体がストップしてしまい、納期が大幅に遅れたり、プロジェクトそのものが中断するリスクがあります。

頻繁におこることではありませんが、起こった時のダメージが大きいので、世界情勢による影響があることは念頭においておくべきでしょう。

世界情勢の変動を予測することは困難ですが、開発国を選ぶ際に、

  • 日本との友好関係に問題がないか
  • 開発国内の内政状況は安定しているか

も合わせてチェックしましょう。

ベトナムは比較的親日ですし、国内情勢も安定しているのでおすすめの選択肢です。

関連記事:https://deha.co.jp/magazine/vietnam-offshore-improvement/

ベトナムでアプリを作った場合にかかる費用の概算

一言でアプリといっても、種類によって必要とされる機能、工数、費用などが大きくことなります。

アプリの開発費用の概算は、

エンジニアの月人単価x工数

で算出できます。ここからはそれぞれのアプリの種類ごとに、必要な費用を概算してみます。

※計算方法について

日本企業で作った場合の費用の相場を、月人単価で割り、大まかな工数を算出します。

日本人エンジニアの月人単価を90万円、ベトナム人エンジニアの月人単価を30万円、BrSEの月人単価を40万円として、ベトナムでアプリを作った費用を計算しています。

EC系アプリ

EC(Eコマース、ネットショップ)アプリの場合、つける機能によって工数が大きく変動してきます。

日本企業で作った場合の相場は、100~300万円程度です。

300万円÷90万円=3.3人月

となります。

ベトナムで開発者3人+BrSE1人で開発した場合、1.1ヶ月かかるので、

(90万円(開発者x3人)+40万円(BrSE))x 1.1ヶ月 = 143万円

となります。

SNSアプリ

SNSアプリを日本企業で作った場合の相場は、500~1000万円程度です。

工数は

1000万円÷90万円=11.1人月

となります。

ベトナムで開発者3人+BrSE1人で開発した場合、3.7ヶ月かかるので、

(90万円(開発者x3人)+40万円(BrSE))x 3.7ヶ月 = 481万円

となります。

ニュースアプリ

ニュースアプリの相場は、50万円〜150万円ですので、工数は

150万円÷90万円=1.7人月

となります。

ベトナムで開発者3人+BrSE1人で開発した場合、0.6ヶ月かかるので、

(90万円(開発者x3人)+40万円(BrSE))x 0.6ヶ月 = 78万円

となります。

ゲームアプリ

ゲームアプリもECアプリ同様に機能によって工数が大きく異なります。

相場は300万円〜1000万円ですので、工数は

1000万円÷90万円=11.1人月

となります。

ベトナムで開発者3人+BrSE1人で開発した場合、3.7ヶ月かかるので、

(90万円(開発者x3人)+40万円(BrSE))x 3.7ヶ月 = 481万円

となります。

業務用アプリ

社内で使う業務用アプリに関しては、業種によって必要な機能が異なるため、作りたいアプリによって工数が大きく異なってしまいます。

ですが、他のアプリの費用概算を見てもらえればわかるように、日本で作った場合の半分以下の費用で開発できる可能性が高いです。

工数が大きければ大きいほど、コストカットの金額も大きくなるので、オフショア開発も検討してみるのをおすすめいたします。

アプリをオフショア開発するときの開発会社の選び方

最後に、アプリをオフショア開発する際の会社選びのポイントをまとめます。

作りたいアプリの開発実績がある会社を選ぶ

オフショア開発を行なっている会社はたくさんありますが、会社ごとに得意としている分野が異なります。

スマートフォンアプリが得意な会社、物流システムが得意な会社、ECアプリが得意な会社など様々です。

抱えているエンジニアによって得意分野は異なるので、良いアプリを開発するには、作りたい分野が得意な会社に依頼することが重要になります。

得意不得意を判断するには、各会社の過去の実績を確認するのが一番です。

作りたいアプリに類似したアプリを作った実績があれば、安心して依頼することができます。

開発形態があっているか

オフショア開発には、請負型とラボ型の2種類があります。

請負型は、プロジェクトごとに契約して一定の成果物が完成したら、開発業務が終了する形態です。

一方ラボ型は、一定期間クライアント専属のチームを用意して開発を行う形態です。

アプリ開発は長期間になりやすいので、ラボ型で開発することが多いです。

自社の状況でどちらがベストかは異なるので、自分の会社にあった開発形態をとれる会社を選びましょう。

関連記事:https://deha.co.jp/magazine/labor-merit-demerit/

エンジニアのスキルチェックを行う

オフショア開発会社の候補を絞ったあと、エンジニアのスキルチェックは行うようにしましょう。

オフショア開発では、開発期間中にエンジニアの教育やスキルアップを行うことが困難ですので、最初の時点でエンジニアの習熟度を把握することが必要になります。

スキルチェックを行う際は、

  • コミュニケーション能力
  • 使用言語の習熟度や過去の開発コード
  • 開発内容について説明し、どこまでできるかを作業フローごとに確認する

の3点に着目してチェックしましょう。

関連記事:https://deha.co.jp/magazine/why-vietnams/

トータルコストを意識する

オフショア開発会社を選ぶ際は、目先の人件費だけでなくトータルコストを意識することが重要です。

特にブリッジシステムエンジニア(BrSE)にかかる費用や、テスターチームの人件費などは、意識しておくべきです。

まとめ

以上、オフショア開発を失敗しないためのポイントをまとめました。

  • コストだけで開発会社を選ばない
  • トータルコストを意識して見積もりをとる
  • コミュニケーションを密にとる
  • 国内情勢を意識して開発国を選ぶ

オフショア開発は、うまく行えれば、低コストで優秀なエンジニアを起用できるとてもすぐれた手段です。DEHAソリューションズでは、高品質の開発が求められる日本企業と数多くの開発を行ってきました。

また、アプリ開発にかかる費用は、アプリの種類によって異なります。正しい相場観や費用感を掴むためにも、見積もりは必要不可欠です。

仕様書や設計書がなくても、DEHAソリューションズでは、お客様の要望を基に無料で作成サポートを致します。「実際にどのぐらいの費用がかかるのか」「どのぐらいの期間の開発になるのか」など、簡単に見積もりすることができます。仕様書などがない場合でも、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

無料でアプリ開発の費用について見積もりをしてみる▶

関連記事