deha magazine / システム開発 / 「.NET」で「ハイブリッドアプリ」を開発するならオフショアで!

「.NET」で「ハイブリッドアプリ」を開発するならオフショアで!

2020/05/18

「ネイティブアプリ」と「Webアプリ」の両方の特徴や機能を兼ね備える「ハイブリッドアプリ」はiOSとAndroidのどちらにも対応するため開発者にとってもさまざまなメリットがあります。

この記事では、そんな「ハイブリッドアプリ」を「.NET」で開発する方法について紹介します。

  • ハイブリッドアプリの開発方法を知りたい方
  • .NETが気になる方
  • オフショア開発に興味がある方

これらに当てはまる方におすすめの記事となっています。これを読めばハイブリッドアプリを開発する際に気を付けるべきことが分かりますよ。

「ハイブリッドアプリ」のフレームワーク

アプリを開発する際は通常、顧客のビジネス・リクエストに応じて「ネイティブアプリ」か「Webアプリ」を選択することになります。

一方、「ハイブリッドアプリ」ならフレームワークを利用し開発工数・コストの短縮・縮小を実現することができます。

「ハイブリッドアプリ」の開発の際に必要なクロスプラットフォームのフレームワークで人気が高いのはフェイスブック社の「React Native」やマイクロソフト社の「Xamarin(ザマリン)」ですが、最近ではグーグル社の「Flutter(フラッター)」が登場し競争が激しくなっています。

開発者側としては、フレームワークの習得までの時間と労力はかかってしまいますが、顧客のニーズに合うアプリを開発するためにフレームワークの選択肢が多くなることで、よりよい提案ができるようになってきました。

そこで今回は「ハイブリッドアプリ」のクロスプラットフォームフレームワークの中でも.NET環境で開発ができる「Xamarin」について解説します。

「Xamarin」の特長

「Xamarin(ザマリン)」はC#、.NET、Visual Studioでの開発に慣れている方にはすぐに始められます。

Windowsを中心に開発を学び、経験を積んできたエンジニアでもAndroidやiOSといったクロスプラットフォームでの開発が可能になるため多くのデベロッパーからの注目を集めています。

アプリの動作スピードを重視する場合は圧倒的に「ネイティブアプリ」の方が有利ですが、「Xamarin」は「ネイティブアプリ」に近いスピードを実現できるのが最大の特長です。

これは「Xamarin」以外のクロスプラットフォームフレームワークよりも、ネイティブの機能をすばやく簡単に呼び出し、実行できる仕組みによるものです。

また「Xamarin」は異なるプラットフォームでもほぼ同じUIを実現していることもメリットの一つです。

「Xamarin」自体は無料で利用できますが、開発の際には「Microsoft Visual Studio」の購入が必要となるのでご注意ください。

「.NET」とオフショア開発

マイクロソフト社はWindowsでパソコンやサーバーのOSのシェアでトップを走り続けていますが、スマートフォンの普及によりデバイス全体を含めたOSのシェアは下降しています。

そこでデバイス側のOSよりもサーバー側、あるいはWindows以外のOSでもマイクロソフト社の製品やサービスの技術を提供できる仕組みとして考えられたのが最近特に力を入れている「.NET Core」の存在です。

「.NET Core」は「C#」「Visual Basic」「F#」をサポートしています。特に「C#」や「Visual Basic」を扱えるエンジニアは多いため、スムーズに委託先を選定することができるでしょう。

もちろん委託先によって得意な業種・規模は異なりますが、日本国内のシステム開発会社に委託する場合、開発費用や開発期限にあまり大きな差は生じません。

そこでコストを抑えたい場合や「日本企業にはない発想がほしい」という場合には日本国内のシステム開発会社よりもオフショア開発を選択するのがオススメです。

コストを抑えられることはもちろん、さまざまな国や企業から委託されてきた実績・経験を基にアプリ開発を進められます。

オフショア開発の場合にもレベルの高い「C#」や「Visual Basic」に対応するエンジニアが多数存在するので、顧客のニーズに的確に対応したシステム・アプリケーションの開発が可能です。

まとめ

ビジネスや生活が多様化し、ITツール・スマートフォン・IoTが進化していく中で、システムやアプリを開発する側もさまざまな対応が求められます。開発言語やフレームワークも選択しきれないほど増え続けています。

今後クロスプラットフォームフレームワークやOSのシェアがどうなっていくのか、どの開発言語がいくのかは誰にも予測ができません。「ネイティブアプリ」「Webアプリ」「ハイブリッドアプリ」のどれが生き残っていくかも判断できません。

しかし「.NET」はゲーム開発やクラウド環境を提供する「Microsoft Azure」にも対応することで今後もエンジニアやユーザーの基盤を支えていく存在になると言われています。(もちろんそれがどのくらい続くのかもわかりません)

さまざまな開発会社・エンジニアが存在する中で、特に「.NET」にも「ハイブリッドアプリ」の開発にも強いオフショア開発企業への委託が増えれば、オフショア開発が委託先として有力な候補となっていくでしょう。

dehaでは、5年ほど前から、ベトナムオフショア開発を行っています。

ベトナムでオフショア開発を行う際の費用や、エンジニアの質を知りたい方は、無料で見積もりいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから


見積もり・資料請求
見積書やオフショア開発の詳細資料を無料でお送りします
お問い合わせ

オフショア開発ガイド

オフショア開発のご相談や お見積りはこちらから

CONTACT